ユーザー支援メニュー



GROUP30で覚える古文単語600

GROUP30で覚える古文単語600'/

タイトル GROUP30で覚える古文単語600
著者 山村 由美子
判型 B6
定価 1,080円(税込)
ISBN 978-4-87568-791-7
付属物

赤シート

難関大学頻出の古文単語600語を、30のグループに分けて覚えます!
しっかり覚えて、忘れない、地上最強の古文単語集!


大学入試で必要な古文単語って、単に訳を一つ覚えればいいなんてレベルじゃありません。意味が一つしかない単語でも、その場に応じてアレンジされた訳語が選択肢に現れることもありますし、多義語の場合は、複数の意味を覚えたうえで、そこではどの意味なのかを判断することまで求められます。「覚えた訳以外は、対応できない」では、困るんです!
だから単語を覚えるなら、「使えない単語力」ではなくて、本文の読解にもちゃんと活かせて、場面に応じてアレンジされた訳にも対応できる「本物の単語力」を身につけましょう。
この単語帳では、古文単語の覚え方から使い方まで、難関大入試に必要な単語力が、無駄なく身につくようにしてあります。

◆本書の特色
(1)効率よく攻略できます!
なるべくラクに暗記ができるように、オススメの覚え方や一緒に覚えた方がいい単語ごとに、まとめてあります。
応用のきかない語呂合わせや、わけもわからずに暗記するのではなく、第1章から順番に取り組むだけで、効率よく、かつ、その先も見据えた応用力も身につくようになっています。

(2)おさえ所がわかります!
丸暗記だけでOKなのか、その先まで必要なのか、入試で点を逃さないために気をつけなければいけないポイントは何かなどをおさえて、抜かりなく攻略しましょう。

(3)実戦力が鍛えられます!
古文単語は、単語帳で覚えた後こそが大事! 本文の読解や入試に役立つ情報が盛りだくさんです。
・本文中によく現れる意味だけでなく、入試でよく問われる意味には特別に「ハタ印」をつけてあります。
・多義語の意味のしぼりこみ方なども記してあるので、「ここではどの意味か?」の判断力まで身につきます。

(4)応用力が身につきます!
難関大学に合格するためには、やっぱり単語数は必要です。
本書は見出し語だけでも600語ありますが、関連語を含めると900語以上。さらに応用力の高い古文単語攻略法が記してあるので、攻略範囲はもっともっと広がっていきます。

◆目次◆
第1章_とにかく丸暗記で攻略
1_日常動作ワード
2_言語活動ワード
3_恋愛ワード
4_涙ワード
5_仏教ワード
6_生命系ワード
7_皇室専用ワード
8_丸暗記慣用表現
9_セットもの副詞
10_セットもの以外の副詞
11_敬語
12_特に注意すべき敬語I
13_特に注意すべき敬語II
14_注意すべき人物ワード
15_注意すべき時間ワード
第2章_ちょっと工夫して攻略
16_パーツで攻略
17_現代語に近づけて攻略I
18_現代語に近づけて攻略II
19_漢字化して攻略
20_対で攻略
第3章_違いに注意して攻略
21_現代語との違いに注意して攻略I
22_現代語との違いに注意して攻略II
23_活用・品詞の違いに注意して攻略
24_一文字違いに注意して攻略
25_類似品に注意して攻略I
26_類似品に注意して攻略II
27_類似品に注意して攻略III
第4章_使い方までおさえて攻略
28_両極端系単語の攻略
29_多義語・同音異義語の攻略
30_バクゼン系単語の攻略
巻末付録・索引
用言活用法
助動詞一覧表
助詞一覧表
索引

amazon.co.jpで購入

セブンアンドワイで購入

学参ドットコムで購入

一覧へ戻る