ユーザー支援メニュー



物理

浜島清利 物理講義の実況中継【物理基礎+物理】

浜島清利 物理講義の実況中継【物理基礎+物理】

詳細へ

浜島 清利

定価:2,268円(税込)

※本書は『浜島物理I・II講義の実況中継』に加筆改訂を施した新課程対応版です。

この書籍は学校でも採用されています。
最新の採用実績はコチラ


着眼力=解答力!

苦手な人でも,伸び悩んでいる人でも,スッキリわかる! アッサリ解ける! 急所の指摘が抜群です。

物理はあくまでも着眼点の発見が決め手です。苦手な分野があれば,そこを徹底して読み込んでください。「なんだそうだったのか」とパーッと眼が開かれる瞬間が必ず訪れます。
(1)苦手な人には,え! 物理ってこんなだったの?と驚かれます。
(2)得意な人も結構思い違いをしています。修正しておきましょう。
(3)勉強してもなかなか得点に結びつかないところ,誰もが共通して間違えるところ,などを重点的に解説しました。
(4)国公立2次・私大対策中心ですが,「物理基礎」の範囲も収録しました。

【新課程を迎えて】
教科書は『物理基礎』と『物理』とに分けていますが,この分け方は物理を体系的に学ぶのには適していません。力学・熱・波動・電磁気・原子と分野ごとに順次進めば,深く理解できるのです。そこで,本書は分野別の編成としました。
実際には,学校の進み方に合わせて,適当に飛ばしていてtください。たとえば『物理基礎』の段階では,『物理』の力学(第4回や第7回以降)をスキップし,第15回の波動に入るのもよいでしょう。また,講義の中でも『物理基礎』の範囲外の話になる場合は断り書きを入れています。
いずれにしろみなさんが学校の授業との関係で困ることのないようにしました。こうした新課程への配慮に加えて,よりわかりやすくなるよう,より深く理解できるように従来のないように加筆,改訂を施しています。

◆目次◆
力 学
第1回 等加速度運動・落体の運動 ―― 3つの公式で解ける!【物理基礎範囲】
第2回 放物運動 ―― 運動を分解して扱う
第3回 力のつり合い ―― 核心は力の図示にある【物理基礎範囲】
第4回 剛体のつり合い ―― 力のモーメントが活躍
第5回 運動の法則 ―― 運動方程式を駆使する【物理基礎範囲】
第6回 エネルギー保存則 ―― 強力な武器を手に入れる【物理基礎範囲】
第7回 運動量保存則 ―― 衝突や分裂ときたらこの一手
第8回 2つの保存則 ―― 難問を二刀流で斬る
第9回 慣性力・円運動 ―― 慣性力や遠心力で一刀両断
第10回 単振動 ―― 復元力のなせるわざ
第11回 万有引力 ―― 宇宙を支配する法則

第12回 熱と分子運動論 ―― 圧力と温度をミクロに理解する【物理基礎範囲】(「比熱と熱容量」のみ)
第13回 熱力学(1) ―― 第1法則のマスターが鍵
第14回 熱力学(2) ―― 熱力学での目のつけどころ
波 動
第15回 波の性質 ―― 波は繰り返し現象【物理基礎範囲】
第16回 定常波と波の反射 ―― 逆行する2つの波があるとき【物理基礎範囲】
第17回 弦と気柱の振動 ―― 定常波の図を描いて考える【物理基礎範囲】
第18回 ドップラー効果 ―― 本質の理解が先決
第19回 反射・屈折の法則 ―― すべてはホイヘンスの原理の下に
第20回 干渉(1) ―― 干渉では距離差が活躍
第21回 干渉(2) ―― バリエーションを押さえる
電磁気
第22回 静電気 ―― 本質は力学の延長だ
第23回 コンデンサー(1) ―― 要は孤立部分の電気量保存
第24回 コンデンサー(2) ―― 直列・並列を活用して解く
第25回 直流(1) ―― オームの法則を導く
第26回 直流(2) ―― 電位による理解を根底に
第27回 直流(3) ―― エネルギーの観点を加える
第28回 磁場と電流 ―― 両者の密接な関係をつかむ
第29回 電磁誘導 ―― ポイントは電池の出現
第30回 交流 ―― 交流なんか恐くない
第31回 電磁場中の荷電粒子 ―― 基調となる運動は2種類
原 子
第32回 光電効果 ―― 光は粒子でもあった!
第33回 粒子性と波動性 ―― 二重性はミクロの世界を支配する
第34回 原子構造(1) ―― 原子の構造を解く鍵は2つ
第35回 原子構造(2)・X線 ―― 光子の放出,吸収のメカニズム
第36回 原子核(1) ―― 超ミクロの世界の風景
第37回 原子核(2) ―― 核反応は4つの保存則が切り札

浜島清利のトークで攻略 物理Ⅰ・Ⅱ

浜島清利のトークで攻略 物理Ⅰ・Ⅱ

詳細へ

浜島 清利

定価:1,620円(税込)

この書籍は学校でも採用されています。
最新の採用実績はコチラ


自学自習に最適の新シリーズ!
トークで攻略する『実況中継CD-ROMブックス』の登場です!!


これからは『自学自習』が大切。このシリーズなら、予備校の最高レベルのスーパー講義600分自宅で!聞けます。「教科書を読んでいてもなかなか頭に入らない」「部活で塾に行く時間が無い」などの悩みが解消できます。


これが新シリーズ!トークで攻略する『実況中継CD-ROMブックス』だ!!
↓↓↓
巻頭カラー


--------------------------------------------------
◆本書について◆


本書は分野別構成になっていますが,各問題ごとに物理Ⅰの範囲か,物理Ⅱかを明示してあります。
本書の最大の目標は,すでに学び終えた事項についての理解の確認と,どのような問題にも対処できる応用力をつけることです。それには,物理の“考え方”を十分に身につけることが大切です。
問題は過去の入試問題から良問30問を選び抜きました。そして,さらに磨きをかけました。内容を充実させ,より多くの栄養分を含むように編集しました。解説は,CD-ROM収録の講義に,詳しく述べました。あなたの脳細胞に“物理の考え方”が染み込むものと思います。1題ごとに,いや1設問ごとに,あなたのパワーがアップしてくるのをきっと実感するでしょう。



(1)コチラから、本書第1回問題1の問題本文がご覧いただけます。


(2)コチラから、本書第1回問題1の解説本文がご覧いただけます。



(3)コチラから、本書添付のCD-ROMに収録されている音声が試聴できます。(本書のCD-ROMには音声講義が収録されています。動画などは収録されていません)

※(1)・(2)と(3)の画面を同時に開くことで,本文をご覧になりながら音声講義をお聞きいただけます。



浜島先生への直撃インタビュー
↓↓↓
浜島先生への直撃インタビューVol.2


◆本書の目次◆
第1回 運動の法則(剛体のつり合い/放物運動/運動方程式)
第2回 保存則・等速円運動(エネルギー保存則と運動量保存則/物体系での保存則/等速円運動)
第3回 円運動・単振動・万有引力(鉛直面内の円運動/単振動/万有引力)
第4回 波動(1)音波(波の性質/気柱と弦の振動/ドップラー効果)
第5回 波動(2)光波(反射の法則・屈折の法則/ヤングの実験/回折格子)
第6回 静電気・コンデンサー(点電荷の電界と電位/コンデンサー/コンデンサー回路)
第7回 直流(直流回路とコンデンサー/電流計と電圧計/非線形抵抗)
第8回 磁気(電磁誘導/過渡現象と電気振動/電磁界内での荷電粒子の運動)
第9回 熱力学(鉛直シリンダー/P-Vグラフ/ばね付きシリンダー)
第10回 原子(X線の発生とブラッグ反射/原子による光の吸収・原子核の崩壊/原子核反応)